top of page

成長期にウエイトトレーニングをするのは、成長を妨げる????


成長期にウエイトトレーニングをするのは、成長を妨げる(身長が伸びない)は【ただの都市伝説】


昔の筋肉ムキムキな代表的な選手と言えば、

体操選手でした。


オリンピックやテレビで活躍するトップの選手は、

スペック的に身長が低い選手が多く(中々競技的に高身長

の選手は飛躍しずらい傾向)そのイメージが先行して

「筋肉ムキムキになると背が伸びない」と言う都市伝説が

出来上がったと思われます。


【筋肉がつくと身長が伸びない】というエビデンスは

一切でておりません。


むしろ筋トレをする事で、成長ホルモンが分泌され

身長が伸びる期待がもてます。


注意!!


筋トレだけではありませんが、身長が伸びなくなる要素として

【栄養不足】があげられます。


以下の様な選手は要注意??です↓


?練習も沢山行う

?筋力トレーニングも行う

?走りのトレーニングも行う

?学校でも沢山動く

?通学も長時間あるく、自転車など


活動量?基礎代謝にたいして、

摂取カロリーが少なく、必要なたんぱく質量を摂れて

いない場合には、成長及び身長の伸びが妨げられます。


なぜならば、【栄養不足】だからです。

難民の子達で、身長が高くふくよかな体型の子がいないのと

同じになります。


筋トレは駄目?でも練習は、、、


すべて同じです。


チーム練習もやる、野球塾もやる、家でもやる、

筋トレじゃないから大丈夫なんて思った方は??


【ホームラン(長打)の仕組み】


小学生の頃は、ホームランを沢山打てた

のに中学生からは、、、、

そんな選手が沢山いるのは何故?


からくりは???


①球場の広さ


②ヘッドスピードが追いつかない


③除脂肪体重を上げる取り組みをしていない


【球場の広さ】


小学生までは、

約80m打球を

飛ばす事が出来ればホームラン(長打)を

打つ事ができます。


中学生からは、ほぼ大人(プロ野球と同じ)

と同じです。

従って、約110m打球を飛ばさないとホームラン(長打)を打つ事ができません。


単純に、このハードルの上がり幅が急激に上がった事によりホームラン数が中学生から減って行きます。


この急激な上がり幅に対応する為には?


②ヘッドスピードを上げる


80mを飛ばすには約98km/hの

ヘッドスピードが必要です。


110mを飛ばすには約128km/hの

ヘッドスピードが必要です。


では、ヘッドスピードを上げる為には?


技術的な要素は勿論ありますが、

ベースにパワー要素がないと上がりません。


目安として、


【小学生に必要な条件】

98km/hのヘッドスピードを出すには

41.6kgの除脂肪体重が必要。

体脂肪率15%として、体重は47.8kg必要。


【中学生、高校生に必要な条件】

128km/hのヘッドスピードを出すには

65kgの除脂肪体重が必要。

体脂肪率15%として、体重は74.8kg必要。


保護者の皆様、如何でしょうか?


小学生の頃は、上記のデータをクリアして

いる場合が多いのではないでしょうか?

では中学生になった時点ではどうでしょうか?


除脂肪体重で、23.4kg

体重でも、27kg


こんなにも、ハードルが上がります。


トップレベルで活躍する為には、

ここのラインに到達できる取り組みを

早い段階から取り組む事が飛躍の鍵に

なります。


③除脂肪体重を上げる取り組み


除脂肪体重を上げる取り組みとは?

除脂肪体重とは、脂肪を除いた体重の事で、

筋肉、骨をメインとして体を構成するすべての

物です。


成長期で大幅に身長が伸びたとしても、

到達ラインまで上がる事は難しいです。

つまり、筋肉量をいかに上げられるかが

大切な取り組みになります。


【筋肉はすぐにつきません】


※トップビルダーで週6回の激しい

トレーニング(小、中学生、高校生には絶対にできない)でも、

年間約2kgしか増えないのが

現状です。


そして、仮にトレーニングだけ成功したとしても、栄養(食事、サプリメント)が

上手くできていない事には上がっていきません。


もう気づいてしまいましたね?


活躍して欲しいなら、

やるべき事をやるだけですね。


ご相談や質問など、セミナー依頼等のお問い合わせは

お気軽にお問い合わせください。


閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page