top of page

武蔵小杉パーソナルジムNOUVSTメソッド


たんぱく質摂取は肉食に偏りすぎない


現代人はたんぱく質の摂取が肉に偏りがち。

肉を食べすぎると炎症物質であるアラキドン酸が生成され、

体内の炎症が促進されます。


体内の炎症とは細胞が傷つくことで起こる現象。

炎症が続くと歯周病や関節炎、アトピー性皮膚炎、

肝炎、腎炎、動脈硬化、ガンなど様々な疾患に繋がります。


また、牛や豚の肉は腸内細菌により発がん性物質を作り、

肉類の摂取が増えると特に男性の死亡率上昇に繋がるという報告もあります。

たんぱく質の摂取の半分を魚介類にすることをおすすめします。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page