top of page

夏バテによる食欲低下を防ぐ方法


成長期アスリートのニュートリション】として

まだまだ、勘違いをしているチーム関係者や保護者の方が沢山いらっしゃいます。


身体作りの為といい、おにぎりなどの炭水化物を沢山

食べさせる(プロ野球選手でも1日5合みたいな意味のない事をやっている事実もあります)

炭水化物も大切な栄養素の一つですが、炭水化物で

身体は作られないです。

あまりにも無知な為に影響を受けるのは、選手やお子さんです、、、、


車に例えると


炭水化物=ガソリン=エネルギー


車を走らせるにはガソリンは必要ですが、走らせないのであれば必要ありません。


練習量に合わせて適切な量を摂取する事が大切です。

練習直前におにぎりやだよなどの複合炭水化物を摂る

事は、練習中のパフォーマンスを低下させます。

余裕を持って2時間前まで、それ以降はバナナやエネルギーゼリーなどを活用して、

胃腸に負担をかけずに効率良いエネルギーチャージをして下さい。


また、真冬や真夏におにぎりなどは食の細い選手には

食べずらい物になります。


真冬なら、暖かいそうめんやうどん

真夏なら、冷たいそうめん、冷やし中華、うどん

など工夫をすると良いですね。


また身体を作るには、たんぱく質が大切ですが

何かと言えば、「からあげ」の一点張りも気をつけて下さい。


からあげは、油で揚げている為消化に時間がかかります

試合や練習が午前午後とあるなかでの昼食には絶対に

食べては行けないメニューです。


※美味しいですけど、、、、


また、これから夏の大会前強化合宿などのシーズン到来ですが、

真夏の疲労が激しい中での合宿所でのメニューの大定番に「からあげ」はやめてください。 


私も昔の記憶をさかのぼると、

夏の合宿所での夜食にてんこもりの「からあげ」

3時間連続の水無しアメリカンノックからの夜食、、

その後、2時間の特打が待っている、、、、

案の定、麦茶しか進まない、、、


そこへ父兄の言葉「沢山食べなさいねー」「おかわりはー」「からあげ追加いるでしょーはいどーぞ」


心の中で、、、

おいっ、、、ぶざけんな入れてくるなと笑


今の時代は、サプリメントも発達しており食が細い選手でも無理なくニュートリションに取り組めます。


大切な事は、指導者や保護者の方々が正しい指導をしてあげる事です。


質問やご相談お問い合わせはこちら





閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page